下肢静脈瘤ができるまで

静脈は、老廃物を含んだ血液を心臓に向かって下から上へ流れていきます。

この流れは、当然重力に逆らっているわけですが、静脈には血液が上から下へと逆流しないように至る所に逆流防止弁というのが備わっています。そして血液を送る時にだけ、その弁が開くという仕組みになっています。

 

この逆流防止弁が何かしらの理由で壊れてしまうと、心臓に戻るはずの血液がだんだん逆流し始めます。

ひとつの弁が壊れたら、その下にある正常な弁まで血液が逆流してしまうわけです。

そして、太ももの内側にある表在静脈(大伏在静脈:だいふくざいじょうみゃく)にある逆流防止弁がすべて壊れてしまうと、血液の逆流がふくらはぎまで達するようになり、血管が瘤(コブ)のように膨らむようになります。

これが下肢静脈瘤です。

  1. HOME
  2. 下肢静脈瘤とは
  3. 下肢静脈瘤ができるまで

記事一覧へ

Page Top