下肢静脈瘤の原因

静脈には、体内で発生した老廃物などが混ざった血液を心臓に戻す役割があります。

血液が、心臓に戻る際は重力に逆らうように上がっていくので、その際に血液が逆流しないようにする逆流防止弁が備わっていて、この弁は心臓に血液を戻すときだけ開きます。

 

しかし、この弁が何らかの原因で閉じなくなったり、弁が壊れた場合に、逆流すると閉じなくなった逆流防止弁の真下にある血管に血液が溜まっていくことで、こぶになるのです。

なかでも脚の付け根やひざの裏側など、太い静脈の合流部で弁が閉じにくくなることがよくあります。

 

なお、このような症状が現れたとしても、健康への影響がただちにあるわけではなく、多くの場合は良性です。

ただ、放置状態で治ることもありません。足がむくむ、だるい、重いといった症状が現れている、見た目が気になるという場合は、下肢静脈瘤を診療している病院などの医療機関に一度ご相談ください。

  1. HOME
  2. 下肢静脈瘤とは
  3. 下肢静脈瘤の原因

記事一覧へ

Page Top