足に「湿疹がでる!!」

静脈というのは、体内で発生した老廃物などが混ざった血液を心臓に戻すという役割があります。

それゆえ、下肢静脈瘤によって血液の循環が悪くなり、そのような静脈血がふくらはぎなどに長い間滞るようになる(うっ滞)と、皮膚表面にある角化細胞が障害され、皮膚のバリア機能が壊れて湿疹ができるようになるのです。

湿疹などが見られると「うっ滞性皮膚炎」を発症する率が高まります。

この病気は湿疹のほか、皮膚の炎症、かゆみなどの症状も生じます。

湿疹は、下肢静脈瘤の病状がある程度進行している時に見られるもので、「うっ滞性皮膚炎」は、いわゆる合併症のひとつです。

下肢静脈瘤の症状には、「うっ滞性皮膚炎」の他に、以下のような症状が足に出る場合があります。

  1. HOME
  2. 症状
  3. 足に「湿疹がでる!!」

記事一覧へ

Page Top