足に「クモの巣状血管が!」

下肢静脈瘤には、ボコボコと瘤(コブ)のように浮き出るタイプだけでなく、下記の画像のような網目状やクモの巣状の模様が見られる静脈瘤があります。

これを網目状静脈瘤、あるいはクモの巣状静脈瘤と呼ぶのですが、これらの静脈瘤は表在静脈(大伏在静脈・小伏在静脈)から分岐した細い静脈にある逆流防止弁の機能がうまく働ないことで起きる(逆流)ものです。

ひざ裏やふくらはぎで起こりやすく、血管がコブ状になることはありませんが、血管が赤紫や青色に変色し、それが皮膚下から浮かび上がり、網目、またはクモの巣のような模様が見られます。なお、クモの巣状静脈瘤は、網目状静脈瘤よりもさらに細い静脈で起き、ふくらはぎの内側やひざでよく見られます。

このタイプの静脈瘤も中高年の女性によく見受けられますが、表在静脈で起きる静脈瘤とは異なり、むくみやかゆみなどの症状はほとんどありません。

そのため見た目がどうしても気になるので治療したいという場合は、保険は適用されませんので自費(全額自己負担)となります。

なお、色白の方の場合、クモの巣状血管だと思っていたら、単に血管が目立っていたということもあります。ご心配な方は、お気軽に血管外科のある医療機関へご相談ください。

当サイトには、簡易チェックのできる「下肢静脈瘤診断チェック」があります。

是非ご利用ください。

 

当サイトを監修した医師によるメール診察室からご相談も承っています。

 

  1. HOME
  2. 症状
  3. 足に「クモの巣状血管が!」

記事一覧へ

Page Top