足の「血管がボコボコしている!?」

足の血管がボコボコと浮き出たりするなどの特徴が現れるのが下肢静脈瘤です。

このボコボコのメカニズムですが、まず足の筋ポンプ作用の働きが悪くなることで、血液が静脈に溜まるようになります。

そして溜まりすぎると血管(静脈)が太くなり、逆流防止弁が閉じにくい状態となり、やがて壊れていき、壊れた弁の真下の逆流防止弁に血液が溜まるようになります。

さらにその弁も壊れるようになると、逆流はもっと進み、やがて血管はふくらんで屈曲するようになります。

これがいわゆるボコボコの状態なのです。

血液が溜まっている状態ではありますが、これは血栓ではありません。

表在静脈の壁に強い圧力がかかり続けるようになり、引き伸ばされて太くなったものです。

そのため、血液は非常にゆっくりではありますが流れています。

 

命に関わらないとはいえ、気になる方は、下肢静脈瘤の治療法は以下をご覧ください。

下肢静脈瘤の治療法

 

また、メールでもご相談を承っています。遠慮なくお問い合わせください。

メール診察室

 

  1. HOME
  2. 症状
  3. 足の「血管がボコボコしている!?」

記事一覧へ

Page Top